« 新聞読みたい。(BlogPet) | トップページ | 紅白を見ながら。 »

Dec 29, 2005

お外のコのカテゴリ 保護猫ちゃん、その後(1)

昨日、保護した猫ちゃんですが
検査の結果
かなり思わしくない状態であることがわかりました。

以下、発見時と現在の様子を書いておきます。
あまりおすすめできる内容ではないので
興味のない方はスルーしてくださいね。

----------

キジトラのメス。
年齢不詳。
現状では推測も難しいとのことですが
全ての歯がないことから「若くはないでしょう」とのこと。
7歳以上ではないか? としか言えないそうです。
逃げる元気もないのか、人慣れしているのか
それも今の状態ではわかりませんが
とりあえず、攻撃的な態度は一切ありません。

この猫ちゃんがいた場所は
道路が細いくせにやたらと交通量のある道でした。
あのままいたら、遅かれ早かれ事故にあっていたと思います。
一度は道路から離れた場所に移動させたのですが
陽が当たって暖かいのか、元の場所に戻ってしまうため
娘ちゃんと相談して保護することにしました。

検査でわかったこと
・FIV陽性
・副鼻腔炎(歯茎から貫通)
・舌の炎症
・重度の脱水
・腎、肝機能低下
・全ての歯がない…など。

副鼻腔炎は顔半分の形が変わるほどひどい状態で
舌の炎症は、舌に穴が空きそうだとか。
また、目やにで目が開かない状態なのと
シラミもいたそうです。

現在は抗生物質の投与と点滴治療をしていただいてます。
あ、シラミの薬も。
これらでいくつかの症状は軽減できると思いますが
果たしてどれくらい快方に向かうことができるのか…。
獣医さんからは
「里親探しは無理でしょう」
「このまま…ということもあります。ご理解ください」
「退院できても最期の時を待つだけかもしれません」
と言われています。

先のことは全くわからない状態ではありますが
年明けまで入院治療をすすめていただくことにしました。
今はただ、獣医さんにお任せするだけです。
がんばって、猫ちゃん。

Posted by NEKO at 14:47 on [お外のコ]
Comments (4) | Trackback (0)


トラックバックURL:

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1554/7891509

スパム対策のため、トラックバックの公開は管理人が確認するまで保留となります。
◆こちらの記事と関係のない場合や宣伝・誘導目的と思われる場合は、トラックバックを削除することがあります。ご了承下さい。
*トラックバックは文中でリンクしていただくととてもうれしいです。

保護猫ちゃん、その後(1)」へのトラックバック一覧:


コメント

ありがとう、ありがとう…。
道端で凍えていた猫さん、NEKOさまが差し伸べてくれた温かい手が
どんなに嬉しかったことでしょう…。

祈ることしか出来ないけれど
どうかどうか、元気に回復してくれますように。

投稿者: かよ (Dec 29, 2005 8:47:44 PM)

。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。
NEKOさん。。。
大変でしょうけど介護がんばってください。

投稿者: いるか (Dec 29, 2005 9:07:45 PM)

にゃんこへの優しい対応、世の中全てのにゃんこに変わってお礼申し上げます。

可哀想だなという動物に対して、救いの手を差し伸べる事って本当に勇気が必要な事です。
そして、本当ににゃんこ好きな方なんだと思います。

私自身も生まれた時から、ネコと共に生き、ネコ達にいろんな事を学びながら育ったので、不遇なネコ達を見ると本当に胸が痛みます。

状況は決して楽観できる状態ではありませんが、にゃんこ頑張れ。負けるな。

投稿者: Fe+ (Dec 30, 2005 1:27:23 AM)

みなさま、コメントありがとうございました。
猫ちゃんのその後は
何かわかり次第、随時報告させていただきたいと思います。
今の一番の検討事項は名前です。
なんて名前をつけてあげようかなー。

投稿者: NEKO (Dec 31, 2005 10:53:42 PM)


コメントを書く

スパム対策のため、コメントの公開は管理人が確認するまで保留となります。
◆宣伝・誘導目的、イタズラと思われる場合は、コメントを削除することがあります。ご了承下さい。




名前・メールアドレス欄は必須です。
URLを入力していただいた場合、メールアドレスは表示されません。



 

ぼく、こてつ!!